引越しをしたら、役所での手続きを

... 引越しをしたら、役所での手続きを" />

引越しというのは、本当に忙しく、体も大変なので、ストレスがたまるものです。その時期に集中して、物事が進むと混乱もあります。しかし、家族や身内、友人などと協力しながら、乗り越えていきたいものです。
転居先が決まったら契約をして、さらには準備を始めましょう。まずは、自分たちの手で運んだりすることができればいいのですが、そうでないと業者に依頼します。ある程度の費用の負担は覚悟しましょう。
また、住まいを変えるときには、いろいろな手続きが必要になります。転居する前には、事前に電力会社やガス会社、水道局などに電話やネットで連絡をして、当日から使えるようにしてもらいます。
さらには、役所関係に行かなければなりません。新居の管轄の市役所などに行き、住民票の異動や戸籍関係、子どもがいれば学校関係についての一連の手続きを行います。すぐに行くことができなくても、そういった異動日などは遡って申請できるので、大丈夫です。
さらには、自分の関係する金融機関や郵便局などにも住所変更の連絡をしましょう。そうすることで、自分あてに旧の住所で来ていた郵便物も新しい住所に転送してもらえたりするのです。通常、1年間の転送ですが、希望をすればさらに延長することができるので、状況に応じて申し出ましょう。
このように、引越しをするときにはやることがたくさんあるので、本当に何か抜けてしまうのではとはらはらします。しかし、ある程度時間が経つと、落ち着いてくるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です